seto design from nature
About us Works Shoplist Contact
Facebook Twitter Instagram English











note
seto家の日々の暮らし、子育
てや遊びに関するあれこれ。





rss   atom
Sea slug Tshirts
ウミウシシャツ

パタゴニア鎌倉
食堂コバカバ
東京学芸大こども未来研究所



パタゴニアや、東京学芸大こども未来研究所などでも開催したワークショップ。要らなくなったシャツを夏らしいすてきな服にリデザインします。

海の中に住む色とりどりのウミウシ。その想像もつかない、多様性のある美しい模様は、まるで自然の中の絵画のようです。絵の具をちりばめたようなボディ。この美しいウミウシにならって、みんなで自分の着古したシャツをカラフルに「再生」します。

シミがついた、汚れた、傷んだシャツももっと長く着られたら。縫い直したり、染め直したりは難しいけれど、もっと自由に簡単に、「ウミウシシャツ」にリメイクしましょう。

アクリル絵の具は、コットンなど、染み込みやすい素材に付着し、いったん乾いてしまうとお洗濯してもとれにくい性質があります。このアクリル絵の具を使って、生地をカラフルに染め、みんなで「ウミウシシャツ」を作ります。要らなくなったシャツを捨ててしまう前に、美しい作品に生まれ変わらせましょう。そして、図鑑などで本当のウミウシの模様もチェックしてみましょう。信じられない程美しく多様性のある模様に出会えます。
 

準備する物:
・養生用のダンボールやシート
・紙コップ
・筆洗い
・新聞紙
・アクリル絵の具*
・コットン製のシャツやTシャツ

*おすすめはアムステルダム社製の蛍光色
https://gazaizukan.jp/gaz_serieslist.php?srid=300301

※まずは、要らない布などで、染まり具合などを試しましょう。
※できあがった作品は、他の衣類と一緒にお洗濯しないでください。
※小さなお子さまは、保護者の方と一緒に作業しましょう。

動画はコチラから→ setoのアソビハント『ウミウシシャツをつくろう!』














画像5