Stamps of triangle scale

うろこもようスタンプ

20191217_1731994.jpg
44996210_2072239422831720_7285658023270285312_n.jpg
44968965_2072239339498395_2428655176681259008_n.jpg
44979730_2072239429498386_6559582896959520768_n.jpg
44932895_2072239326165063_3052346361488867328_n.jpg
44995419_2072239322831730_2970582308865703936_n.jpg
44962475_2072239332831729_592197186058452992_n.jpg
20191217_1731993.jpg

ルートカルチャー鎌倉 「海のアカデミア」  2018年

鎌倉、海の前に鎮座する「光明寺」。このお寺のある材木座は昔からの漁師町です。この場所で「あそび」と「まなび」を通して、海と親しむイベント「鎌倉 海のアカデミア」(NPO ルートカルチャー主催)にてワークショップを開催しました。

魚のうろこをじっと観察すると、その機能美にはっとさせられます。うろこの整然と配列された重なりは、水中を泳ぐ機能を支える構造であるとともに、幾何学的な美しさを備えています。古来日本人は、このうろこの幾何学的な美しさを「三角」で表現してきました。着物などに使われた「うろこ紋」、海の町、鎌倉や江ノ島に由来を持つという北条家の「三つ鱗」。どちらも「三角」で、魚や海の事象がうまく表現されています。

デザインレーベルsetoでは、この「うろこ=三角」という伝統的な紋様表現に着目し、大小2つの正三角形のスタンプを使用する「うろこもよう」ワークショップを企画しました。三角のスタンプを自由に組み合わせ、法則性とパターンを決めて、新しい「うろこもよう」をデザインしてみましょう。たった2つの三角の組み合わせで、驚くほど多様な「うろこもよう」を生み出すことが可能です。

自然や生き物を、いつもとちょっと違う視点で観察したり、想像したりすると、より身近に自然が感じられるのではないでしょうか。